業務体制

組織図

業務紹介

人総・IR本部

仕事内容

採用や研修の企画から勤怠管理といった人事関連業務や官公庁対応、株主総会等の機関運営を行う総務業務を担う「人事総務部」と投資家向けの情報提供や資本市場からの資金調達を担う「広報IR室」の2部署から構成されています。昨今、注目を集めるサステナビリティに関する業務も全社を横断した形で推進しています。

財経本部

仕事内容

当社が資産運用を受託しているアドバンス・レジデンス投資法人の借入や投資法人債の発行等の負債性資金の調達や資金繰りを管理する財務部門と日々の経理から税務、会計、金融商品取引法に作成が定められている有価証券報告書の作成、経営計画の策定や予実管理までを担う経理部門からなる本部です。

第一資産事業本部

仕事内容

当社が資産運用を受託しているアドバンス・レジデンス投資法人の不動産売買や保有不動産を運用し、不動産から上がる収益の最大化をめざす投資家への利益分配の根幹を担っています。投資エリアや投資物件の選定や評価、保有不動産の入居者に対するサービスの企画立案といった業務にあたっています。

第二資産事業本部

仕事内容

第二資産事業本部はアドバンス・レジデンス投資法人以外の不動産投資を行う私募ファンドの運用を受託します。投資家毎のニーズに合わせた運用戦略の立案や物件選定を行い投資家利益の最大化を図ります。

エンジニアリング事業本部

仕事内容

一級建築士を始めとした建物に関する専門的な知見をもとに保有不動産の資産管理を担います。定期的に実施が必要な大規模修繕工事の計画策定から個別工事の詳細な仕様決定まで可能な能力を有しており、内製化による工期短縮やコスト削減を可能にしています。

アドバンス・レジデンス投資法人と私募ファンドにおける利益相反防止体制について

当社が運用するアドバンス・レジデンス投資法人は、賃貸住宅に投資しております。また、(運用予定の)私募ファンドは、賃貸住宅に投資することを想定しております。両者の投資対象資産が競合するため、当社では、以下の「資産取得の検討順位に関するルール」を設けることにより、利益相反を防止するものとします。

(ご参考)資産取得の検討順位に関するルール

当社が入手した全ての投資物件情報は、いずれもアドバンス・レジデンス投資法人が優先的に取得の検討を行います。 但し、以下の場合等は本ルールの対象外とします。

  1. アドバンス・レジデンス投資法人の資産運用計画等で定めた目標利回りと売主の希望(又は想定)売却価格に基づいた利回りが一定以上乖離する場合。
  2. 売主その他の関係者より、アドバンス・レジデンス投資法人又は私募ファンドのいずれかが優先検討者として予め指定されている場合など特殊事情が存在する場合。

なお、新設する投資情報検討会議において、個別物件の取得について、検討を行う部署の決定及び変更等の管理を行います。