サステナビリティ

基本的な理念

当社はアドバンス・レジデンス投資法人の資産運用会社として、長期的な投資主価値の向上を目指した運用を行っています。近年、当社が属する不動産投資運用業界においては、各国における環境規制の強化やテナントの意識変化などを踏まえ、環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮は中長期的な資産価値の維持向上のために必要不可欠であるという、「責任投資※」の理念の重要性が認識されています。このような状況下、当社においても、その理念や当社が属する伊藤忠商事グループの環境方針等を踏まえ、業務全般におけるESGへの配慮とそれに向けた従業員や社外関係者との協働、またそれらの取り組みに関する分かりやすい情報開示が大切であると考え、「サステナビリティに関する方針」を策定し、日常業務においてこれを実践しています。

※資産運用業務の全般にESG配慮を組込む国連がサポートする「責任投資原則」(PRI)およびその不動産版である「責任ある不動産投資」(RPI)を指します。

1. 法令の順守と組織体制の整備

環境・社会・ガバナンス(ESG)に係る法令を遵守すると共にリスクを未然に防止すべく、適切な組織体制を整備します。

2. 省エネルギーとCO2排出削減

テナントの省エネ意識の醸成や、エネルギー効率の高い設備の導入を図り、保有物件の運用に係る省エネルギーとCO2排出削減に貢献します。

3. 省資源・廃棄物の削減

節水や廃棄物のリサイクルに係るテナントへの働きかけを推進し、省資源・循環型社会の実現に貢献します。

4. 従業員の啓発

従業員の環境配慮に関わる意識の向上を図り、実践を推進するため、教育・啓発活動を行います。

5. 社内外の関係者との協働

従業員およびプロパティ・マネジメント会社等との協働により、入居者に良質なすまいを提供すると共に地域社会へ貢献することに努めます。

6. 分かりやすい情報開示

ESGに係る方針や取り組みについて、投資主の立場に立った分かりやすい情報開示を行っていきます。